Blog&column
ブログ・コラム

錆が発生した車の修理方法

query_builder 2022/02/15
コラム
cars-old-vintage-classic
車にとって錆は大敵、放置しておくと大きなトラブルに繋がります。
万が一、車に錆が発生した場合にはどう対処すれば良いのでしょうか。
今回は車の錆と修理方法について見ていきます。

▼車の錆は事故のもと早めの修理が大切です
車の錆をそのままにしておくと、車体を傷めるだけではなく事故へ繋がる場合があります。
車に発生した錆の修理方法を見ていきます。

■錆が発生する原因
錆とは鉄が酸化したものです。塗装膜の剥がれを放置したり、海沿いの道を走行したりすると鉄は酸化し錆が発生するのです。勿論、ボディを包む塗料の品質向上や塗装技術は進歩していますが、塗装膜が剥がれてしまっては難しいと言えます。

■錆を放置しておくと?
小さなキズに水分が当たることで錆は発生します。
放置していると錆の範囲は大きくなり、また内部にも広がるため車体には大ダメージです。
車体やマフラーに穴が開き、走行不能になったケースもあるほどです。
その為、広がる前の早めの修理が必要と言えます。

■車に付いた錆の修理方法
小さな範囲で内部に入り込んでいない錆であれば、自分で修理することが出来ます。
サンドペーパーと塗料を用意、サンドペーパーで錆を取り塗料を塗るだけで完了です。
大きな範囲で深く入り込んだ錆も自分で修理することは可能ですが、慣れが必要なので初心者は業者に依頼するのが良いですね。

▼まとめ
車の錆は早く修理しないと、車全体に悪影響を与えます。
実際、錆が浮かんだ車でドライブというのは気分的にもよくないものです。
レゴリスオートでは、車のトラブルに詳しいスタッフが揃っています。
大事なお車が傷む前に、ぜひご相談ください。

NEW

  • ブログ始まります!

    query_builder 2021/02/27
  • 買取査定にあるトラブルと対処方法

    query_builder 2022/08/02
  • 車の買取査定で重要な項目とは?

    query_builder 2022/07/01
  • 買取査定にはどの位の時間が必要

    query_builder 2022/06/03
  • 車の買取査定に影響する基本要素とは

    query_builder 2022/05/05

CATEGORY

ARCHIVE