Blog&column
ブログ・コラム

擦った場合の修理とは

query_builder 2022/01/01
コラム
sheet-metal-repair-workshop-accident-broken
車に付いた擦った傷あとは、どんなに小さくても気になりますね。
車体に付いた傷は、後々のトラブルを避けるためにも早く修理するのが理想です。
ここでは、擦った傷の修理について見ていきます。

▼擦った車の傷は早く修理するのがベスト
車体に付いた擦った傷あとは、早く修理するに越したことはありません。
擦った車の修理のポイントを見ていきます。

■擦った傷を修理しないと
走行中に枝に触れたり、跳ね上げた小石が当たったりと色々なケースで車体に傷が付きます。
擦った傷をそのまま放置しておくと、錆が発生し場合によってはパーツ交換という事態にもなりかねません。
そのため、擦った傷に気が付いた時には、すぐに修理するのがポイントです。

■自分で擦った個所の修理は出来る
擦った傷が表面上の場合であれば、自分で修理することは出来ます。
コンパウンドやパテ、カラースプレーなどの必要な道具はカーショップで購入可能です。
ただ、初心者はコンパウンドで磨きすぎたり、カラーがムラに仕上がったりと少々ハードルが高いとも言えます。

■完璧を求めるなら業者に頼もう
擦った傷あとの修理を完璧にするのならば、専門の技術を持った業者に頼むのが一番です。
自分で修理した時にある、直した箇所から錆がというケースは業者ではあり得ません。
擦った傷の深さや範囲によっても料金は変わりますが、状態に合わせた修理をしてくれます。

▼まとめ
車に付いた擦った傷は、早く修理するべきです。
愛着のある車を自分で修理するのも良いですが、傷が深かったり広範囲に及んだりした場合には、業者への依頼がベストと言えます。
レゴリスオートでは、様々な修理を経験したスタッフが丁寧に対応します。
お気軽にご相談ください。

NEW

  • ブログ始まります!

    query_builder 2021/02/27
  • ドアミラーの修理方法と掛かる費用

    query_builder 2022/01/15
  • 擦った場合の修理とは

    query_builder 2022/01/01
  • エアコンの修理が必要となる症状とは?

    query_builder 2021/12/15
  • 車のへこみを修理する手段

    query_builder 2021/12/01

CATEGORY

ARCHIVE