Blog&column
ブログ・コラム

車のタイヤについている溝とスリップサインの役割

query_builder 2021/05/15
コラム
car-tyres-wheel-band-car
車のタイヤには「溝」があります。
この溝は大切な役割を持っているため、車にくわしくない人でも普段から意識しておく必要があります。
そこで溝を気にしたほうが良い理由を見ていきましょう。

▼タイヤの溝とは
新しいタイヤには、約8ミリの溝があります。
走っているうちにタイヤは少しずつ減り、溝が浅くなっていきます。
法令では、タイヤの溝は1.6ミリ以上必要であると定められています。
この溝が減っていることを知らせるのがスリップサインです。

▼スリップサインが出ているタイヤは使用禁止
溝が減り、スリップサインが1か所でも出ているタイヤは使用が禁止されています。
タイヤの溝が浅くなると、スリップを起こす危険性が高まるため注意しなくてはなりません。
それだけでなく、タイヤの溝が浅くなるとパンクやバーストも起こしやすくなります。
法令に違反するだけでなく、リスクも高くなるのです。
そこで、危険を避けるためにもタイヤの溝は把握しておく必要があります。
走行前にはタイヤの溝を確認し、安全な状態であるかを確認しましょう。

▼まとめ
「車にくわしくない」という場合でも、安全性にかかわることについては普段から意識しましょう。
不安なこと、分からないことは車の専門家に相談すると安心です。
大阪の「レゴリスオート」では、車についてのお悩みに丁寧に対応しております。
安全に車を使用するためにも、ご不明なことがありましたら「レゴリスオート」までお問い合わせください。

NEW

  • ブログ始まります!

    query_builder 2021/02/27
  • 輸入車と国産車での修理における違いとは

    query_builder 2021/07/22
  • 輸入車の買取り価格の傾向は?高く買取りしてもらう方法はあるの?

    query_builder 2021/07/15
  • オイル交換の目安となる走行距離はどのくらい?

    query_builder 2021/07/08
  • オイル交換を自分で行うことによるメリットとデメリット

    query_builder 2021/07/01

CATEGORY

ARCHIVE